住宅のバリアフリー

住宅をバリアフリーにすることが高齢者にとっては重要になっています。

家庭内事故の起こっている件数は多く、大怪我をしたり場合によっては死亡してしまうこともあります。

そういった事故を防ぐためにもバリアフリーにすることを考えましょう。

バリアフリーにするためには色々と変えるところがあります。

住宅内の段差をなくしたり、手すりを設置するようにしたりなどしなければいけません。

住宅内の段差にひっかかることが高齢者や子どもには多くあります。

特に高齢者は段差で転んで大怪我をしてしまうことがあるので、注意しなければいけません。

段差を解消するためにスロープにしたりします。

手すりを設置することも大切です。

浴室やトイレなどに手すりをつけることによって、安全に立ったり座ったりすることができます。

他には廊下などの通路を広くしておくのがいいでしょう。

車椅子での生活をすることになるかもしれません。

そうなると、広い通路でないと通ることができなかったり通りにくかったりするかもしれません。

その他にも色々と変えていくようにして、安全に生活をすることができる住宅にするようにしていきましょう。

早めにバリアフリーにしていくことで、いざそういうことになったときに困らなくてもすみます。

またそちらのほうが誰にとっても生活しやすい住宅になっていきます。

バリアフリーにする家庭はどんどん増えてきています。

信頼できるリフォーム業者を見つけて、バリアフリーの工事をするようにしましょう。

This entry was posted on 月曜日, 9月 12th, 2011 at 8:30 PM and is filed under リフォーム, 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.