マンションのメリットとリスク

 マンションのメリットは数多くありますが、リスクも理解しておくと良いです。できるだけ自分の感じるリスクを解消したマンション選びに役立ちます。

マンションの良い点としては、良い立地条件に安く住むことができることやセキュリティがしっかりしていること、火事や地震に強いこと、虫などが入ってきにくいことなどが上げられます。

リスクとしては庭が持てないことや入口の電気を明るくしたいなど所有者の自由に出来ないこと、修繕積立金や管理費がかかること、マンションの老朽化、被災した場合、建て替えのときに引っ越し費用や住まいが2重になることなどが上げられます。

マンションのリスクを解消するため、国の基準を満たした「長期優良マンション」もあります。購入を考えた際はこのような物件を検討してもよいのではないでしょうか。

簡単に説明すると、100年を超える程度は安心して住むことができるマンションです。生きている間は建て替えをしなくても十分住めますし、引っ越し等で売却しないといけなくなったときも、中古マンションでも価格が下がりにくい分高い売値で交渉することができます。

普通のマンションに比べて200万ほど高くなるようですが、国が力を入れている分、税制優遇があり税金が安くなりますし、ローンに特典があります。

人生100年の時代、マンションか一軒家が迷っていて立地条件を最優先にしたいが金銭面を抑えたい方などは、安心安全なマンション購入がリスクを解消してくれるひとつになるのではないでしょうか。

This entry was posted on 木曜日, 6月 14th, 2012 at 10:13 PM and is filed under エトセトラ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.