作戦失敗!

  夕食を終えましたが「さっさっと食器洗っちゃってよ!」・・「はいはい。」こき使われているAさんですが奥さんには歯が立ちません。

「今にみてろよ、ギャフンといわせてやるからなぁ!」おやおや奥さんに はむかうつもりでしょうか?・・・止めた方がいいと思いますよAさん!

さてAさんは不動産を買った事も売った事もありますし新築やリフォームなどの経験があり素人ながら不動産に詳しいというより不動産おたくといったところでしょうか。

なんでも親戚のBさんが大分で不動産を探しているとの事で話しを聞きに出かけて行きました。

早速どういう方法で探しているか聞いてみると、折込の広告やインターネットの情報で検討しているそうなのですがどうも不動産屋は敷居が高くて入りずらいのだそうでまだ行ってないそうなのです。

Aさんの勧める不動産探しはまず建物の条件を決めます、これは構造などの詳しい事ではなく何部屋必要で部屋の広さ、リビングの広さなどを考えます。

要するにおおよその建坪を出す訳なのですが建坪が決まれば必要な土地の面積が決まります、後は庭や駐車場の希望の広さが決まれば土地の面積が決定します。

次に立地です、駅やスーパーなどからの利便性の高い地域は価格が高くなりますが遠くもなく近くもなくくらいとかおおよその地域を決めます。

ここまで決めたら不動産探しの開始ですがBさんの方法では消極的で駄目ではないかとの事でもっと積極的にやらなければ駄目との事のようです。

さてその方法は目的の地域周辺の不動産屋を片っ端から回り良い不動産屋を絞る事と良い物件が出たら真っ先に連絡をもらえるよう耳にタコが出来るくらい言っておくのだそうで、それこそ広告に出す物件にBさんの希望のものがあった場合は広告に出る前にBさんに連絡をもらおうというのです。

Aさんがいうには広告でもインターネットでも出てからでは遅いのではないかとの事で考える時間もとれるよう直通のラインを不動産屋と作ったらどうかという不動産獲得作戦でした。

さてAさんが何か企んでいるようですが「笑い茸に超興奮剤を混ぜてと、これを晩の味噌汁に入れれば・・イッヒッヒッ!」

さて夕食になりましたが「今味噌汁出すからね!」Aさん運んで来て「はいどうぞ、これは俺のだと」すると奥さん「今日は少ない方でいいから交換するよ!早く食べて片付けてよ!」・・「エッ!」

なかなか味噌汁に手をつけないAさん「早くしろっつーの!」奥さんの一言で思わずズルズルー「フォーーッ・・ウェーヒッヒッ!」超興奮しながら森進一顔で大笑いのAさん・・・だからやめた方がいいって言ったのに!

さて皆さん、不動産の購入は一生に一度と言ってもいいかも知れませんが良い作戦が必要に思うのですがいかがでしょうか?

This entry was posted on 金曜日, 12月 28th, 2012 at 11:15 AM and is filed under 不動産. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.