住まいのための費用

様々な考えを持って新しい住まいを購入しようとしたときについてまわるのがお金の問題です。

住宅を購入するための費用はコツコツと貯金してきたお金だけでは足りないでしょう。

そのため住宅ローンという借金をすることになります。

住宅ローンは思っているよりも危険なものであることを知っておきましょう。

正しく使うことができればいいのですが、場合によってはしっかりした計画を持っていたとしても返済できなくなることもあります。

返済できなくなるとどうなるか知っていますか。

住宅を手放すことになるのです。

しかも、借金は残ったままになる可能性もあります。

これは住宅の手放し方にもよるのですが、そのようにならないようにすることが大切です。

住宅ローンは借り入れるお金を少なくするほど、安心して返済することができます。

仮に2000万円の借り入れと500万円の借り入れを比べてみると500万円の返済ならできると思うのではないでしょうか。

このように借り入れ額を少なくするためには、自己資金が大切になってきます。

自己資金は住宅購入費用の20%を目安に用意するようにいわれたりしますが、それぞれの都合によって変わってきます。

このときお金の都合がつかないということで自己資金をほとんど用意していなければ、返済の負担もとても大きなものになります。

返済することを意識しているなら自己資金は用意しているべきものなのです。

毎月返済をしながら、万が一リストラなどされたときにも対応することができるように貯金をしたりと万全の準備をしておきましょう。

This entry was posted on 月曜日, 6月 20th, 2011 at 5:25 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.