玄関よりもシューズクローク!?

最近玄関横にシューズクロークを設けるのが主流となっています。
玄関は住宅の第一印象を決める大変重要な空間です。
住宅への第一歩となる玄関は常にきれいにしておきたい場所の一つです。

玄関スペースを広く確保してスッキリときれいな玄関にしたいと考える人は多いですが、玄関スペースよりもシューズクロークに注目する人が最近では多いような気がします。
玄関スペースを広く確保しなくても、シューズクロークを広く確保し収納力をアップさせることで玄関スペースに靴が散らかることが少なくなりスッキリとした玄関を作りだせるのです。

このことを考えると玄関よりも隣に設けるシューズクロークを重視することで自ずと玄関の快適性が確保できるということに繋がるのです。
シューズクロークは靴を大容量に収納するだけでは意味がありません。
天井にまで広がるシューズクロークで家族みんなの靴をしっかりと収納しておくのはもちろんのこと、玄関スペースやポーチ部分に置きっぱなしになりがちな、ベビーカーや三輪車、外用のおもちゃや車の洗車用具などまでこのシューズクローク内にしっかりしまえれば玄関スペースやポーチ部分をスッキリさせることができます。

シューズクロークの前には収納しているものが玄関から見えないように扉やカーテンなどで目隠ししておくといいでしょう。
またシューズクロークに照明を設置したり、十分な換気が確保できるように細かい部分にまで配慮しておくとよりいいと思います。
住宅の顔とも言われる玄関を素敵にするにはシューズクロークがポイントとなるのです。

This entry was posted on 火曜日, 4月 7th, 2015 at 8:45 AM and is filed under エトセトラ, 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.