我が家のトイレ

私は家造りをする際に注目したのは水周りの空間です。水周りの空間を重視する主婦は大半だと思います。その中でもトイレは特に重視しました。まずトイレを周り階段の下を上手に活用して配置しました。階段下ということで、便器部分の天井は階段の特殊な形状をしており、天井も少し低いのですが空間に全く圧迫感を与えず、何より用を足すのに全く使用をきたさないのです。デッドスペースとなる階段下を上手に活用できて非常に満足しています。

そしてトイレは広さに限りのある空間です。その空間をいかにスッキリとさせるかは設置する便器にかかっています。そこで我が家はタンクレストイレにしました。タンクがないことでコンパクトですし、便器に凹凸がないことでスッキリと見えますし、お手入れがしやすいのです。タンクレストイレにすることで、同時に手洗いスペースをトイレ内に設ける必要が出てきます。この部分はデザイン性にこだわりました。

我が家の住宅のテイストは南仏風でアンティークな雰囲気です。トイレにもそのテイストを取り入れることで住宅全体の統一感が高まります。洗面ボウルと蛇口はアンティークなデザインの物にしました。洗面ボウルを設置する天板はアンティークな色合いの色にしました。ここのデザインをこだわるだけでトイレ全体の雰囲気が高まります。

そして洗面ボウルの上部には鏡を設置しました。トイレ内にミニ洗面室が完成し、トイレで用を足すついでにお化粧直しができるのです。家族だけでなく、家に遊びに来たお客様にとっても嬉しいのではないでしょうか。我が家の自慢のトイレとなりそうです。

This entry was posted on 水曜日, 7月 8th, 2015 at 10:24 AM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.