リビングに壁面収納

リビングで過ごす時間が長いだけに、リビングに収納しておきたい物も多くなります。リビングで使用する物を収納するために壁面収納を設けるといいと思います。テレビ台に収納キャビネットを配置し、電話台を置きという風にそれぞれ別々の位置にそれらを配置すると空間に凹凸感がうまれ、居住スペースに圧迫感を与えてしまいます。このようにするのではなく、テレビを設置する壁面を利用して収納スペースを確保するのです。

テレビをその収納スペースにビルトインさせるというイメージです。テレビの両サイドや上部を活用してキャビネットを設けたり、オープン棚を設けることでリビングで使用する物をスッキリと片付けることができます。
見せる収納が良ければオープン棚で、生活感を感じる物をしまう部分は扉付きにするなど工夫をするのもいいでしょう。我が家はパソコンデスクにもなる壁面収納にしました。テレビ周りには電話やパソコン、プリンターや書類関係をしまう収納スペースとして活用しています。通常は扉を閉めていますが、パソコンを使用する時は上から扉をおろし、パソコンデスクとして活用できるのです。使わない時はスッキリとそのデスクを収めることができるので、空間に全く圧迫感を与えないので満足しています。

そしてテレビ上部のキャビネットにはDVDを並べて収納しています。我々夫婦共通の趣味であるDVD鑑賞をいつでも楽しめるようにしました。バラバラと散らかりがちなDVDを一目でどこに何があるか分かるようにしておくことで、趣味の時間をより満喫できます。リビングの収納力を確保するのと同時にスッキリと過ごしやすい空間にする工夫をしましょう。

This entry was posted on 金曜日, 8月 21st, 2015 at 8:40 AM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.