ウォークスルー収納

家造りをする人皆と言っていいほど収納を重視します。住宅への不満で常に多く不満の声が上がるのが収納です。収納を設ける際のポイントは、適材適所に必要な物がきちんと収納できること、そして収納している物が出し入れしやすいことです。必要な物が必要な場所に揃っていることで、わざわざ違う収納場所まで必要な物を取りに行くという無駄な住宅内の動きを省くことができますし、スマートな暮らしを送れ、また家事の効率を高めることにも繋がるのです。

我が家はこの収納へのポイントを押さえながら収納を設けました。我が家で設けた一番友人達から人気となった収納スペースが、キッチンとその隣に並ぶ洗面室の間に設けたウォークスルー型の収納です。この収納は家事の効率を高めてくれ、また動線に沿った形で設けられていることで便利で使いやすさを実感できる収納スペースとなっているのです。通路の片側はキッチンパントリーとして、食材やキッチンペーパーなどの在庫を保管しています。そしてもう片側は洗面室収納としてタオル類や家族の下着やパジャマを収納しています。

家事を行う上でキッチンと洗面室は一日何度も行き来を行います。キッチンで家事をしながら同時に洗面室で別の家事を行うこともあります。その動線上にそれらの空間で必要な物を収納しているので、サッと取り出しその先の空間で使用することができるのです。このウォークスルー収納を設けたことで家事の効率が高まりました。普段は建具で仕切らずオープンにしており、来客時など用途に合わせて建具で仕切れるようにもなっています。収納への満足度が住宅への満足度となるのです。

This entry was posted on 水曜日, 2月 24th, 2016 at 8:56 AM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.