ファミリークローゼット

私が新居で一番設けて良かったと感じているのがファミリークローゼットです。家族の衣類を一か所で管理することのできるファミリークローゼットを、洗面室の隣に設けました。私が家事を行う上で一番苦手なのが、たたんだ洗濯物をしまうという作業です。タオル類や下着、子ども達の服や夫婦の服などそれぞれ別々のクローゼットへしまうため、洗濯物をしまうという作業を行うだけで、住宅内を行ったり来たりしなければならず、無駄な動きが多いことが原因でした。

この家事への不満を解消させるためにファミリークローゼットを設けたのです。洗面室とファミリークローゼットへは動線を確保し、スムーズに行き来が行えるようにしたことで、タオルの補充や入浴の事前準備などが格段と楽に行えるようになりました。洗面室ではお化粧やヘアセットなど身支度も行います。隣に衣類まで管理されていれば着替えもスムーズに行え、トータルコーディネートしやすいのです。洗濯物は洗濯カゴへサッと入れることができますし、無駄な動きなく着替えまで行えることでいつもの身支度が効率よく行えるのです。

家事を楽にするために設けたファミリークローゼットですが家族みんなが着替えやすさを実感できているため設けて良かったです。いつも私が服を出したり、しまったりしていたのですが、子ども達も自分で服を取り出し着替えを行い、洗濯物は洗濯カゴへ入れるという習慣が身に付いてきています。ファミリークローゼットと洗面室の動線のスムーズさも良かったのだと思います。これなら兄弟で服の貸し借りもしやすくなること間違いなしです。

This entry was posted on 日曜日, 10月 8th, 2017 at 4:02 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.